オプション加工について

通常の印刷の後工程で追加で加工を施すことをオプション加工と呼びます。当社では「ラミネート加工」、「角丸(かどまる)」、「箔押し(はくおし)」等をご用意しています。オプション加工の可否は、各商品の個別ページにてご確認ください。

※ 商品によっては「型押し(かたおし)=エンボス」、「穴加工」、「折込線」、「ミシン線(切り取り線)」なども可能です。ご希望の際は別途見積もりよりご相談ください。

オプション加工がひとつでもある場合は、出荷までに+2営業日いただいております。ふたつ以上のオプション加工がある場合でも、追加日数は一律2営業日となります。オプション加工は印刷工程とは別ラインでの作業となり、納期の短縮には応じかねますので予めご了承ください。


ラミネート

通常の印刷の後に、印刷物の両面に対し極薄い透明のビニール質のシート(PP=ポリプロピレン)を印刷物のサイズに合わせて粘着します。これにより水分や湿気から印刷物本体を保護し、反りや汚れを防ぐとともに、耐久性と質感を格段に向上させます。ただし、印刷物にスタンプを押すことと鉛筆で文字などを記入する用途には向きません。ラミネート加工はマットコート紙のみに施工可能です。ぜひ、手触りをサンプル用紙にてお試しください。


角丸(かどまる)

ラウンドコーナーとも言い、通常の印刷の後に、印刷物の四隅を切り落とし角を丸めることをいいます。角が折れることがなくなり、さらに優しく柔らかい印象を与えます。弊社では商品よって4.5R(半径4.5mm)と3R(半径3mm)にて加工いたします。
■ 一般用紙 半径 4.5mm
■ 高級用紙 半径 3mm


箔押(はくおし)

オプション加工のひとつで、別名ホットスタンピングともいいます。通常の印刷の後に、印刷面の一部分に対し熱と圧力をかけ、フィルムにコーティーングされた金や銀などの色彩(これが箔です)を紙面に熱圧着する方法です。当社では、金箔や銀箔等をご用意し、さらにそれぞれにグロスタイプ(箔の表面がミラー状で光を反射します)とマットタイプ(箔の表面がマット調で光を反射しにくい)を選択いただけます。箔押しの最大の特徴は、一般の印刷と違い、メタリック感(金属光沢)を素材に表現できることです。1ケ所につき400平方mmまでのサイズを標準の箔押しエリアとし、2ケ所まで設定できますが、これ以上のサイズをご希望の方は、見積もりをご依頼ください。
■ 1ケ所につき400mm平方まで。例:20x20mm、10x40mm等

箔押


型押(かたおし)

特定の部分にポイントを与えるためにデザイン的な凹凸の銅板を作り、加熱高圧して立体的なロゴやデザインを加工します。エンボスは、落ち着きのある洗練された高級感を与えます。基本サイズは20×20mmです。※線が細すぎて表現できない場合があるので線の太さは0.3pt以上に、テキストの大きさは3pt以上に設定してください。型押しのエンボスは表面が浮き出るタイプです。